2017年11月/ 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2009.02.03 (Tue)

あと2週間でUPデート 

どもども。
先週から体調崩れてたんですが、だいぶ良くなってきました。
ただ、お腹の具合が宜しくない><;
トイレと親友になってしまってるうぉるちです@@;


さて、昨日の記事にいらない一言を書いてしまったことに気付きました・・・

「そろそろオスマン関係の記事でも書こうと思ったんだけど・・・
 メンドクサイので明日にしようっとw |彡サッ」


「明日」って書いてしまったので、仕方ない^^;
テなわけで、今日はオスマン帝国について、ツラツラ書いてみます。

なんか堅苦しい内容になっちゃった><;

↓続きです^^ ホントに暇で興味のある方だけドゾ

【More・・・】

ところで、オスマン帝国は当時、紛れもなく世界最強の国だったんですね。

地中海の勢力図
自分で色塗ったんで、間違いあると思いますが、ソコは多めに見てください^^;
これはオスマン帝国の最盛期を生み出したスレイマン大帝の、
なくなった頃の地中海の勢力図です。
もう、地中海の制海権を完全にオスマン帝国が握ってるといってもいいですね。

そして地中海だけじゃなく、インド洋から東南アジアまで影響を及ぼしてたそうだから、
まさに世界帝国といっていいでしょう。


イェニチェリ
そんなオスマン帝国の快進撃を支えたのが、イェニチェリと呼ばれる軍人階級。
君主(スルタン)直属の常備歩兵なんですが、
もともとはキリスト教徒とかの異教徒で、奴隷として引き取られて
訓練された人たちなんだとか。
異教徒の奴隷出身ってなんだか意外~。

あ、奴隷といっても、物のように扱われてたわけじゃないそう。
イスラム世界の奴隷は、主人との結びつきが強くて、どっちかって言うと、
育ての親と子供みたいなもんだったそうな。



そういや、オスマン国籍へと亡命すると、
なんと既存の6カ国全てとの有効度が敵意になっちゃうんだとか。
しかもそれ以上、有効度上がらないときた。
なんとまぁ、シビアですね^^;

その原因は、やっぱり宗教の違いって事でしょうね。
イスラム教国家に寝返った奴なんて、ゼッタイ許さない!という
キリスト教勢力の怒りが、存分に伝わってくる設定ですなぁ(´ー`)y-


今じゃ、世間からイスラム教=テロリストなんてイメージが先行してますけど、
必ずしもそんなことはなくて、少なくともオスマン帝国は、
キリスト教国家よりは、異教徒に寛大だったようです。

オスマン帝国では、キリスト教徒でも、仏教徒でも、貢物さえだせば、
差別的な身分ではあっても、国内での生活はゆるされてたんだそうです。

この時代、他の国じゃ、異教徒の命の保障なんてないのが当たり前でしたから・・・

だからDOLで、どの国の所属でも、何もしなけりゃオスマンとの有効度は
普通だったりするのかな、とか思ったりw

そんなことよりも、実際問題どれくらいの人が、
オスマン帝国に亡命するのかが気になるところです^^;


あと、スエズ運河の実装・・・勅命クエの内容が気がかりw

いまさらですが、スエズ運河がDOLに実装されるなんて、
無理やりもいいところです。
でも、こじ付けでもいいから、何かこうネタはないもんか、
と探してたら、ありましたねー^^

なんと、スエズ運河はDOLの時代よりも前に存在していた!
それも紀元前2000年頃というじゃないですかっ!
すげぇ・・・古代エジプト凄すぎるw

でも、この時代の運河は今のスエズ運河とは場所が違って、
ナイル川上流と紅海を結ぶ経路で開発されたらしいですね。

ただ、残念なことにいつ完成したのかが分からない@@;

おまけに、DOLの頃にはとっくに砂に埋もれちゃって
跡形もなくなってたとか(==

まー、紀元前後頃の人の書物に、運河についての記述はあったので、
あった事はあったんでしょうね^^

その古代スエズ運河の開発に尽力したエジプトのファラオの一人に、
ネコ2世という方がいるそう・・・

DOLそっちのけで、この人物がナニモノ!て調べたくなりますw
ネコてw

2世って事は、1世や3世も居るんだろか、なんて下らないことをw



参考文献:『フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
      鈴木薫 『オスマン帝国』 講談社現代新書 1992年
スポンサーサイト
EDIT  |  17:13 |  歴史  | TB(0)  | CM(4) | Top↑

Comment

●( ・`ω´・ノノ゙☆パチパチパチ

素晴らし~い!
相変わらずのわかりやすくて読みやすい文章の考察!
一気に読んじゃったよ~(*´∀`*)
スエズ運河がDOLよりも前に存在とか!
知らなかったぁ~!びっくりだねー!
いつもおもしろい考察ありがとうw

ネコ気になるねwwww
クラリ |  2009.02.03(火) 19:32 | URL |  【編集】

さっそくありがとうございます。

ほえっ 人頭税払えば仏教徒もOKだったんですか~
しらなかったわぁ

ハイレディン萌え~の人たちがどれだけ亡命するかが鍵を握りそうなw
クロークスタット |  2009.02.04(水) 01:08 | URL |  【編集】

たしかにイスラム圏の方々はサラディンをハジメとして、なかなかに寛大な方がおおいとおもいます。

しかしそれにしても・・・・人間って、宗教やらなにやら、めんどくさいですねえw
ミッターマイヤー |  2009.02.04(水) 12:36 | URL |  【編集】

>クラリン

どもども^^
誉められると、照れますね~^^;
でも、頑張った甲斐があったてなもんですw


>クロークスタットさん

イスラム教は、偶像崇拝はゼッタイ認めてないはずなんですけどねぇ^^;
仏教もOKだとはねぇ・・・^^;

亡命者の数は、ハイレディンが鍵握ってるんですか@@; ウムムムw


>ミッターマイヤーさん

あー、サラディンは有名ですねぇ。
十字軍との対比で見ると、なおさらですw

ところで銀英伝の宗教というと・・・アレになっちゃうのか^^; アリャリャw
うぉるち |  2009.02.05(木) 13:03 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。