2017年11月/ 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2009.02.07 (Sat)

オスマンネタ後編? 

メールが着てたので見てみたら、フレから引退しますとの事でした。
ここんとこ見かけなかったので、どーしてるのかなー、と
思ってたんですけどね。

んー、なんとも寂しいものですね;
まぁ、出会いあれば、別れあり。
今までアリガトウでした^^
いつの日か、オイラが沈められる日が来るんだろう、と思ってたんだけどなw




ところで気がつけば、Liveイベントが始まってますね^^
全然やってないけど( ´?`)y-  来週くらいにヤッテミヨウカナ。


そして、今日もしつこくオスマンネタですw

↓続きです

【More・・・】

トルコ案内人
トルコ案内人: こんばんは。はじめまして。
          私、アテネでトルコの案内をしているものです。
          実は、ウォルフェス殿が、オスマンネタがまとまらないとの事で、
          代わりにブログの記事を書いて欲しいとの依頼を受けましたので、
          今回は私が担当させていただきます。

エスメラルダ
エスメラルダ: ウォルフェスの副官を勤めているエスメラルダです。
          案内人さん、わざわざすみません。
          後で、船長を懲らしめておきますので><;


トルコ案内人: いえ、お気になさらず。これも私の仕事です^^

エスメラルダ: それでは早速ですが、今日はどういった話題を?

ト: そうですね。まずはコチラを御覧下さい。

スルタンの宝冠装束

エ: これは、スルタンの宝冠とスルタンの装束ですね。

ト:  ええ。ここの説明にもある様に、スルタンというのは
   イスラム世界の王朝の君主のことです。


エ: 「イスラム世界の王朝」ということは、オスマン帝国以外にも
   イスラム教の国があったということですか?


ト: もちろん!イスラムの教祖、ムハンマドが7世紀にイスラム共同体を
   作り上げて以来、ウマイヤ朝→アッバース朝→セルジューク朝→マムルーク朝
   などなど他にも幾つものイスラム王朝が誕生しました。


エ: そういえば、DOLにもオスマン帝国の他に、イスラム系の王朝の艦隊が
   登場しますね。
   地中海だけでも、旧ナスル朝艦隊・旧ハフス朝艦隊・旧マムルーク朝艦隊などは
   よく見かけます。
   しかし、皆「旧」の字が頭についてますね。
   DOLの頃にはもう存在してなかったんですか?


ト: ナスル朝は1492年にイスパニアによって滅ぼされました。
   マムルーク朝は1517年に、ハフス朝は1574年に、オスマン帝国に
   よって滅ぼされました。
  特に、エジプトにあったマムルーク朝を征服したことは、
   オスマン帝国がイスラム世界の盟主となる大きなキッカケでした。


エ: オスマン帝国の軍隊はそうとう強かったんでしょうね。

ト: ですね。トルコはもともと遊牧民族ですから、騎兵が強かったのもありますが、
   他に大砲による砲撃も併用して、大きな効果を得てました。
   あと、イェニチェリという直属の常備歩兵集団も編成してたんです。
   
   そして何より、お金持ちなんです。オスマン帝国って。


地中海の勢力図
ト: 上の地図を見ると、オスマン帝国はアナトリア(トルコ)から、
   ギリシャ、イスタンブールを占領して、さらにエジプトも支配てますよね。

   これで、インドや東アジアとの陸路での交易ルートを完全に押さえてしまった。
   となるともう、黙ってても交易商人たちが、ドンドンお金を落として行って
   くれるのです^^
   そのお金で、さらに強い軍隊が作れますからね。


エ: やっぱりお金って大事なのですね・・・私も早く会計スキルを覚えて、
   船長の役に立たないと><;
   ここで気になるのが、あのお方は、オスマン帝国の軍隊と、
   どういう関係だったのですか?
   
ハイレディン
ト:  このお方ですね^^
   ハイレディンはアルジェを根拠地に活動してたのですが、
   1533年にオスマン帝国の配下になって、海軍の大提督に
   なって大活躍しました。
   この方のお陰で、オスマン帝国は地中海最強の海軍を編成できた
   といってもいいんじゃないでしょうか^^


エ: んむむむ・・・地中海最強ですか@@;
   
   あ、最後にDOLでオスマン国籍に亡命すると、やっぱりイスタンブールの
   宮殿に行く機会も増えると思うのですが、そこにいらっしゃるイブラヒムさん
   ってどんな方です?


ロッサーナとイブラヒム
ト: トプカプ宮殿にいらっしゃるイブラヒム様は、スレイマン大帝の側近で、
   帝国の大宰相ですよ。 とんでもなく偉い方です^^
  
あと、ついでに左の女性は、ロッサーナ様です。
   スレイマン大帝の奥方です。
   ヒュッレムという名前で呼ばれることも多いですね。
   口説きスキルを教えてくれますよ^^


エ: ほほぉ~。
   イスタンブールにいるNPCの方って、偉い人たちだったのですね。
  
   さぁ、UPデートが待ち遠しい~^^
  案内人さん、今日は長々とお付き合いいただき有難うござました^^
 
スポンサーサイト
EDIT  |  17:00 |  歴史  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

Comment

対話形式も読みやすくて良いですねェ
後宮には、男性は入れないんでしたっけ?
ロッサーナ様もスゲエ逸話のあるはずだったような気がw

続きを希望!
クロークスタット |  2009.02.08(日) 18:55 | URL |  【編集】

>クロークスタットさん

対話形式だと、スラスラ書けたりすることもありますね^^
続きですかぁ・・・ちょっとのんびりネタ集めに走ります^^
うぉるち |  2009.02.09(月) 16:41 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。