2017年11月/ 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2009.07.24 (Fri)

実は凄かったハンザ同盟!? 

ども。うぉるちです。

いきなりですが、ソコソコ見かけるこのアイテム。
ハンザ同盟印章
そう、ご存知ハンザ同盟印章です。
少しでも利益を増やそうという根っからの交易商人には欠かせな
いアイテムかもしれません。

ところでこのアイテムの名称にも出てますが、
このハンザ同盟ってなんなんでしょう?

ゲームじゃ名前はチラホラ聞くけれど、めちゃくちゃ
影が薄いですよねー^^;

そんな誰も興味持たないようなところを
あえて突っ込もうとするオイラです@@;

てことで、今回はハンザ同盟にスポットを当ててみました。

↓続きです^^(ヒマで興味ある方どぞ)

【More・・・】

簡単にいうと、ハンザ同盟とは、中世の北ドイツを中心に活躍した商業都市連盟のこと。

もともと「ハンザ」てのは、交易商人たちの組合のことを指していたのですが、
次第に拡大して都市連盟に発展していったんですね。

ハンザ同盟が成立するキッカケは、1226年に神聖ローマ帝国(後のドイツ)
皇帝フリードリヒ2世から、リューベック「帝国自由都市」の称号をもらったことのようです。
その後、商業都市を中心に協定が結ばれて、ハンザ同盟はどんどん拡大・発展していきます。

といわけで、このハンザ同盟の中心都市ってのが、DOLにも登場するリューベックです。

DOLでの街の説明にも出てますよ。
リューベック
ほうほう。「ハンザの女王」ですって。
なんだか「アドリエ海の女王」と呼ばれたヴェネツイア
想起させる呼び名ですね。

ヴェネツイアは大航海時代以前の地中海最大の海洋国家だったのですが、
リューベックを中心としたハンザ同盟だって負けてはいません。

試しにDOLに登場する街・港でハンザ同盟に加盟していたものに印をつけてみたんですが・・・
ハンザ同盟都市
もはや北欧の街・港はほとんどハンザ同盟の勢力化にありますね^^;

ちなみに最盛期の15世紀にはなんと200もの都市が、
ハンザ同盟に入ってたって言うんだから凄まじい。

↑の地図じゃ見切れてますが、ロンドンにも商館を構えてたっていうから、
その頃のドイツ商人の活躍が偲ばれます。


こんな感じでバルト海や北海で活躍していたハンザ同盟ですが、
彼らが愛用していた船がコグ(コッグ)です。
コグってのは、一本マストの船のことで、主にバルト海で誕生した船ですが、
ハンザ商人達は、このコグを乗り回して、縦横無尽に北欧の海を行き来したんですね~。

DOLにも、何種類かのコグ船が登場してますよね。

ハンザ・コグ
こちら、その名もハンザ・コグ
北欧で海に出たての頃は、お世話になったプレイヤーも
多いのではないでしょうか。

その他にも武装コグ、     2本マストコグ   
武装コグ 2本マストコグ

ブリティッシュコグ       ウォーリックコグ
ブリティッシュコグ ウォーリックコグ
などなど、以外に種類があるんですね^^

でも、基本的にコグ船は、一本マストの横帆てことなので、
2本や3本マストてのは、おかしいんじゃなかろうか^^;
ま、そこらへんはキニシナイ!w

ま、こんな感じの船でもってハンザ商人達は、
琥珀タラ・ニシン木材鉱石毛織物など、
様々な品物をアッチコッチに運んでは商売してたんですねぇ^^


そんなハンザ同盟の繁栄も、大航海時代の幕開けと共に衰退し始め、
やがて17世紀のドイツの戦乱(三十年戦争)の混乱と、その後の体制の変化によって
終焉を迎えます。
このあたりもヴェネツィアと被る印象が強いですよね。


それでもハンブルク・ブレーメンだけは独立性を保って、
現在でも「自由ハンザ都市」の名称を守り通してるんですね。

そのお陰か、1980年に「新ハンザ同盟」が結成されて、
今じゃ175を越える都市が、経済・文化交流を行ってるそうです。



蛇足ですが、これだけハンザ同盟が頑張ってたなら、今後DOLに、
新しい国籍としてドイツを加えても良いんじゃないかって思えてきたw

でも、今更だしなぁ・・・それに大航海時代には余りかかわりないしなぁ・・・
そういや、この頃のドイツって神聖ローマ帝国なんですよね
さらにDOLの時代設定だと、仮にドイツ国籍が追加されたとしても、
イベントで登場する元首はこの方なんだよなぁ・・・

イスパニア国王
神聖ローマ帝国皇帝にしてイスパニア国王でもあるカール5世陛下!!!

イスパニアと元首が一緒じゃ、ちょっとややこしいわな^^;
やっぱ、ドイツ国籍追加は無理ですねw




そうそう。
なんでハンザ同盟なんか記事にしたかというと、
フラっと本屋よって立ち読みしてたら、こんな本が目に留まったので、
衝動買いしてしまったのです^^;

バルト海の復讐 (光文社文庫)バルト海の復讐 (光文社文庫)
(2008/12/09)
田中 芳樹

商品詳細を見る


まぁ、正直なところ、面白いかどうかは人によるかもしれませんね^^;
でもまぁ、ハンザ同盟が出てくる小説なんて滅多にないんじゃない?w
スポンサーサイト
EDIT  |  06:42 |  歴史  | TB(0)  | CM(4) | Top↑

Comment

●はにゃー

初めての書き込みぺったんっ

大航海時代豆知識!?

おもしろいお話でしたぁっ

また1つ賢く?なれましたっ
ぱにゃ |  2009.07.24(金) 15:30 | URL |  【編集】

>ぱにゃさん

初コメありがとうです^^

こんな記事でも読んでいただくと嬉しいですね。

ありがたやありがたや^^
うぉるち |  2009.07.26(日) 16:29 | URL |  【編集】

ご無沙汰してますっ

ハンザ同盟って噂にはきいてましたけど、すごかったんですなあ。

琥珀以外にもひとひねりのある交易品とかでその勢力の一端が表現されたりするとおもしろいですよねー。


しかし・・・・田中芳樹のタグについついつられるのは宿命ですな・・・・。

ミッターマイヤー |  2009.07.29(水) 19:47 | URL |  【編集】

>ミッターマイヤーさん

フフフ・・・やっぱりつられちゃいましたか( ̄ー ̄)ニヤリ
うぉるち |  2009.07.31(金) 15:07 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。